鶴見線 国道駅の夜'16

久々に国道駅へ。
前回アップしたのはもう2012年のことか。
近所の川崎区に長く住んでいたのでたまに通っても写真に収めることも無く物珍しさも薄れてきていますが、久々に来るとやはり異様ですよねここ。

前回は終電後の深夜の記事ですが、今回は夕時。
しかしながら終電後も終電前も様子はかわらないw

115_6_7_tonemapped
終電前と終電後の唯一の違いはこの自転車の多さ。
駐輪場も整備されていないらしい。

097_8_9_tonemapped
連絡通路から。
この駅はこの角度で撮れるのがいい。

ここは無人駅なので改札出ても連絡路やホームを自由に行き来できます。
(ちゃんとsuicaでタッチしてますよ)

121_2_3_tonemapped
3年前と大して変わらない。

それもそのはずここ出来たのは昭和5年(1930年)・・
たった3年で佇まいが変わるほど歴史は浅くない。

しかしながら戦前、戦中、戦後、高度成長期、バブル、その後の不況ゆっくり繁栄と衰退を繰り返しながら変化しているのでしょうけど、バブル以降はもはや廃れる一方でここがかつての元気な姿になる時は取り壊されて駅の建て替えの時でしょうか。

133_4_5_tonemapped
やきとり国道下は唯一の現役。
まだ早い時間だったためか営業しておらず。
ここもいつか閉鎖するのか。
となるとこのテナント?の後釜はなかなかいないでしょう。



建て替えと行っても、作りはしっかりなので、しばらくその必要もなさそう。

もうここまで来たら100年以上使い続けて世界遺産になるまで残しましょうか。

使用機材

足尾銅山トロッコをミニチュア化

トロッコ列車で有名な足尾銅山観光にももちろん行って来ましたよ。
足尾といえば一番ベタなコースはここです。
のっけからミニチュアライズで遊んだ写真。。
というのもこのトロッコの先の銅山の中は当然三脚が使えず、しかも激暗いので、有用な写真は殆ど撮れません。


左が営業中の観光用トロッコ。
右上が銅山で実際使われていたであろうリアルトロッコ。



リアルトロッコ。当然のことながら年季が入ってます。。

銅山の中の画像は気が向いたらアップ・・?

足尾線廃線跡

ゴールデンウィーク最初の3連休2日目に足尾に行って来ました。
その目的の一つは栃木県足尾町のわたらせ渓谷鉄道・・の廃線区間。

廃線となった間藤駅とかつての足尾本山駅区間は、厳密にはわたらせ渓谷線ではなく、民営化される前の足尾線の時代、間藤-足尾本山間は貨物専用線で、足尾銅山が閉山したことにより休止線となった区間です。

その廃線の一部が県道250号をまたがっており、そこから廃線を覗くことができます。


県道250号から足尾本山側



こちらが藤間駅側でとくに柵や立入禁止の札も見当たらないでどんどん奥まで行けそう。







こちらは藤間駅側で恐らくなにもないので、奥に進むのはこのへんにしておきます。





足尾本山への道。


実際にはこんな感じで人を拒んでいます。

帰宅後調べてみると足尾本山駅側にかなり歩いて行った人もいるようですが、今は立入禁止で大きな柵が設けられています。
本山小学校へいく道もあるのですが、そこへは行ってません。

今度行く機会があればもっと探索したいです。

東京モノレールのある風景

羽田国際線ターミナル近くに来たついでにモノレールを撮影。

と言っても車体画像は一切なし。

いや、、光の軌跡として写っていますw









モノレールは近未来的なのに辺りには何も無い・・。
空港周辺なんだからそりゃそうか。
それにしても寂しいところです・・。

鶴見線 国道駅の夜

先日の国道駅はお昼でしたが、今度は深夜に行ってみました。
ちょっとおどろおどろしいですけど。どぞ。


国道側の入り口です。国道添いにあるから国道駅なんですよね。
もっと他に名前無かったのかと。。



改札。この辺りは明るい。
ちなみに終電終わってる時間なんですけど。






連絡路から。



戻ってさらに進んでみます。


このポールはなんなんでしょうね。
立入禁止的なものなんでしょうけど。こちらの壁側には何もない。
もしかして崩落して危険かもってこと・・?




更に進んで振り返る。
この入口はやはり民家なんですよね。よく見たら2階建て。
ぜんぜん人の気配がしないです。




立入禁止側の壁にはトタンや簡易な壁で覆われています。



国道側じゃない方の入り口に出ました。

うーん、、短い通路なのですが、夜は更にディープさが増しますね。

このように終電の終わった夜中も連絡路のような公道として使えてますが、誰も通っていません。
つーか、結構不気味だし、迂回ルートはいくらでもあるので、好んで通る人はいないでしょうね。。
記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392

カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR