角島大橋からの夕景

続いて角島大橋へ

だいぶ日が傾いていたので、夕景狙いで。
しかしながら雨が降るとの予報もあってか天気が悪い・・

しばらく近くのレストランのテラスで撮影
P8121459_60_61_62_63_tonemapped
そんな時に見れたらラッキーなのが天使の梯子な光景
今回の旅で2回目の光芒が見れました

これ以降は曇りのつまらない光景に。


P8121629_30_31_32_33_tonemapped
トワイライトタイム。

P8121644_5_6_tonemapped
さらに日が沈み赤さはましたけど、
雨が振り始めたので残念ながらここで切り上げ。。

翌日午前中晴れたので日の高いうちにまたここへ来ました。

使用機材



これも角島大橋

shinさん(@shin307)がシェアした投稿 -



皿倉山からの光芒と夕景

北九州の旅、2日目。
この日、最後のスポット。
皿倉山です。
もちろん夜景狙いなわけだけど、せっかくなんで早めに。
前の旅程を早めに繰り上げて皿倉山を目指します。

JR八幡駅から無料のシャトルバスで皿倉山ケーブルカー山麓駅へ(10分くらい。)
そこからケーブルカーで山上駅へ
そこからスロープカーで展望台駅へ

ちなみに無料シャトルバスの乗客は自分一人。。
16時くらいとはいえ夏休みのど真ん中。しかも土曜日。
そんな中、無料バスを運行してくれているのは非常にありがたいです。

P8110699_700_701_ベーシック
ケーブルカーの最前列から。
とても急。

P8110704
車内も階段のように急。


数日前に台風が去った後の雨のち晴れの不安定な天気。。


P8110825
着いた時。
晴れててこの景観
これは感動的。
ここまで視界がひらけた山頂からのスポットは珍しいっす。

しかし、ちと寒い・・。
半袖で来たのは間違い。しかし下界は30度超えの真夏日。
そりゃ半袖だよなー、普通。
ビアガーデンとかやっていたけどそこまで長居する人は上着が必要。
標高を考えてなかったな自分。

P8110806
しかしいきなりこんな天気に

P8110774
次第に景色は真っ白になり

P8110810_1_2_ベーシック
景色だけでなく、自分がいる展望エリアもこんな感じで視界が数十メートルの状況に。。


P8110813
と思ったら晴れた。。
低い雲が多くて不安定

しかしながらこんな不安定な時こそ遭遇できるラッキーな光景もあるもので。
西側を向くと。。

P8110750_1_2_tonemapped
こんな天使の梯子が何度か現れました。

光芒との距離は数百メートルくらいかな。
光の柱がすぐそこにあるように感じました。

P8110873_4_5_tonemapped
もっと遠くからだと違った光景だっただろうか。
山の上で自分が光芒の中にいるような感覚

しかし、ここに着いたのは16時位でここまでの画像が17時くらいまでに撮った画像。
夜景目当てだけど、、まだまだめちゃ明るい。。
そこでしまったと、、西日本の日没時間は遅いのだったことを計算に入れていなかったw
やや余裕を持って来たつもりが、かなり時間も持て余すことに。。
しかも、この天気。
光芒が現れたりしたのはラッキーだったけど、霧で視界ゼロに近い時間が結構あって、だいぶ時間を持て余すことに
しかもちょい寒い。。
多くの時間を屋内に退避して、スマホと本を眺めて時間を潰す羽目に。

P8110936_7_8_ベーシック
そうしているうちにこの夕景。
この頃もあいかわらず分厚い雲が出現したり去ったりの繰り返し

天気が不安でしたが、トワイライトタイム~夜景まで居座りました。

皿倉山より

shinさん(@shin307)がシェアした投稿 -







リーガロイヤルホテル小倉27Fからのトワイライト

夏休みは北九州~山口の旅へ
旅行初日はリーガロイヤルホテル小倉に宿泊。
この日は14時に到着。チャックインして特に予定も組むことなかったのでとにかくゆっくりとと思っていて27階の高層階プランで予約
ここリーガロイヤルホテル小倉は小倉で一番高い建物でもあります。

IMG_0422
リクルートやヤフーなどの旅行サイトで高層階プランというのが用意されているので、確実に27F以上を確約出来るので夜景を楽しみたい人にはおすすめです。

ちょっと早いので夕景の時間までホテルのカフェやラウンジで一休み、お部屋でお昼寝。。

IMG_0430
部屋の明かりを消して、カメラ3台、忍者レフ・三脚・レリーズケーブル、なんでも使い放題。
このような事ができる撮影環境はホテル以外ではないっすね。

P8100092_3_4_tonemapped
日没直前から時系列にアップ

P8100119_20_21_ベーシック

P8100125_6_7_ベーシック

P8100161_2_3_ベーシック
すっかり沈んだ後の夜景。

小倉には展望台と言うものがありません。
そしてもっとも高い建造物がこのリーガロイヤルホテル小倉なので、このホテルに泊まるか最上階のレストランを利用するかしか、小倉中心地の夜景を本格的に楽しむことはできません。。

使用機材



リーガロイヤルホテル小倉より

shinさん(@shin307)がシェアした投稿 -


成田空港第1ターミナル展望台からの夕景

前の記事で成田空港には第1ターミナル展望台と第2ターミナル展望台があり第1ターミナル展望台が圧倒的におすすめだと言いましたが、夕景~夜景に至っては第1ターミナル一択と言って良いかもです。

というのも方角が西方向なので、夕日を狙うにはこちらしかありません。
日が沈んだ後のトワイライトの空もこちらのほうが間違いなくキレイだろうし。

撮った画像を時系列に並べてみます。

P7150181_2_3
調子に乗って魚眼で撮るとこんな感じで屋根や柵が入ります。


P7150256_7_8
次の日は雨の天気。
残念ながら西に雲がかかり、地平線に沈むようなキレイな夕景は期待出来なさそう。


P7150241_2_3


P7150310_1_2
一瞬日がさしました。
これがこの日最後の太陽。

P7150352_3_4

P7150409_10_11
ここからはあっという間に沈みました。

この季節(7月)は雲が多く、タイミングよくないと夕景が難しいっす。

使用機材

千葉ポートタワーからの夕景

もう夏も近くなり夜景には向かない季節ですが、千葉ポートタワーに来てみました。


HPには入場料も取られて駐車場は19時に閉鎖され万が一時間に間に合わなくなると翌日まで出車出来ないという脅し文句まで書かれています。
駐車場ありは遠方から来る人の後押しになると思うのだけどな~
結局千葉みなと駅近くのタイムズに停めてこちらまで徒歩で10分程度を歩いてきました。

DSC_6557

DSC_6562
展望台の一角はこんな感じ

DSC_6634_5_6_tonemapped
日が沈む直前。

ここはそこまで高さもないし近景の工場が魅力かと思い、冬でなくても楽しめるかなと思ったら思いの外見晴らしが良く、遠景まで見渡せやはり真冬に来るべきだなと感じました。

P5200010_1_2_tonemapped
この日は5/20。
たまたまですが、ここではダイヤモンドスカイツリーが見れる日のようでした。
ただ結構遠いです・・(笑)
EP-5の150mm手持ち撮影。
しかも遠いし5月なのでスモッグでノイズだらけ。

DSC_6688_89_90_tonemapped
日が沈みました。

DSC_6694_5_6_ベーシック

DSC_6718_19_20_tonemapped
街の明かりが目立ち始めトワイライト~夜景の時間です。

使用機材




記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR