第70回秦野たばこ祭 菜の花台(ヤビツ峠)からの花火

またまた来ましたよ、秦野たばこ祭。

前回はこちら。

70回という節目だからか今回は球数が2000発と倍以上増加。(前回は650発)

しかしながらこの日は天気はどんより曇りで秦野特有の霧の多い天気・・。

P9240001
18時位の天気。
非常にどんより・・
雲が低い。雨はふらなかったけど。
前々回のここから何も見えなかった悪夢の再現か・・?

DSC_7481_3_4_5_6_tonemapped
直前になると更に雲が低くなったような感じに。。



そして19時半
DSC_7314
やはりこんな感じで花火の上部が雲にかかったように。
まぁ何も見えなかった前々回よりマシ。


少し盛り返して後半ですが、
P9240235_45_52_fused
第70回で変わったのは球数だけでなく打ち上げ箇所が2箇所になったこと。

しかし、最初の仕掛け花火の煙が夜景のノイズに。

下で鑑賞している人には関係ないのだろうけど、
仕掛け花火を最初に行うとここからの光景は煙だらけで夜景に水を刺してしまいますな。


DSC_7416_7_8_fused
打ち上げ箇所が1箇所だった前回は長時間露光でカメラに収めるのに意外と苦労しましたが、
このように長時間露光でも花火が重ならずなんとかキレイに。でも煙がジャマ。。


フィナーレ近く。
DSC_7481_3_4_5_6_tonemapped3
最後はシャッタースピードは控えめに。

打ち上げ数は増えたけど、時間は変わらず20分程度。7:50に終了

天気のせいもあり、なかなかいい画像が得られず、ここにアップできるクオリティのものは本来ほぼなし。。

ちょっと2000発を20分は詰め込み過ぎというか、、
この日は霧が敵なだけでなく、無風で花火の煙がなかなか消えずにバンバン打ち上げられました。
前回は合間合間に1分程度の間を明けて煙が去るのを待っていたような気が・・?

打ち上げ箇所が2箇所に増えたこと、球数が増えたことは嬉しいっす。
ただ20分という短い時間は変わらず、そのために詰め込みすぎて煙が立ち去る時間を無視して
次から次へ打ち上げてしまうので、天気の悪さに追い打ちを掛けて撮影は難しかったです。


派手さは増したけど、ちょっと荒々しい花火大会でした。


使用機材





京都タワーからの夜景

北九州・山口の旅の帰りは京都に一泊して帰ることに。
特にあてはないのでまずは駅から最も近いベタな名所京都タワーへ。

しかしながら、天気が悪く夕景~トワイライトまで、絶景という程の光景は見られませんでした。
とは言え、京都の中心部から遮るもののない光景はなかなか圧巻です。
高度はそんなに高くないのに見晴らしが非常に良いのは高い建物のないしっかりと区画整備された京都ならでは。

P8141517_18_19_20_tonemapped
西方面
夕景は見れず。。

P8141521_2_3_tonemapped
南西方面。
やや駅よりの方角。
この通り赤い鉄骨が写り込んでしまうのが残念。


P8141524_5_6_tonemapped
東方向。
清水寺からのライトアップが確認できます。

P8141538_39_40_tonemapped






1周するとすっかり夜景モード。

お盆中の夏休みということもあり人が多く非常に移動に疲れました。。
しかし、京都駅からアクセスが良く、見晴らしが良いのでついででなくてもおすすめ出来るスポットです。

小倉ステーションホテルから夜景コンポジット撮影

北九州2日目の宿は小倉ステーションホテル。
小倉駅ビル上層階にあるアクセスが最高のホテル。
部屋のクオリティは年季が入っていて、まぁトータルで普通と言ったところ。

この日は祝日の金曜日。
前日のリーガロイヤルホテル小倉に2日続けて宿泊も良かったけど、ここは経費削減。。

ただ金銭的な理由もだけど、ホテルから見える景色を変えたかったというのが最大の理由。

リーガロイヤルホテル小倉は予約プランにより上層階を確約出来たけど、ここはそのようなプランはなく、あいにく今回は12Fでした。
P8121210

P8121219
しかし、駅前のロータリーは交通量が多くモノレールが走っていたりして個性的。
これは低階層ながら夜景は撮りようによっては面白いかもと、PEN-Fでまだ本格的には利用していなかったコンポジット撮影に挑戦。
宿泊するホテルの部屋からの撮影は何でも出来るので気楽で良いですね。

P8110572 (1)
魚眼レンズで撮った画像。

shinさん(@shin307)がシェアした投稿 -


5分くらいコンポジット撮影してレタッチ+トリミングした結果。

なかなか面白いけど、一枚5分以上掛かるので、多くの場合、撮影枚数は限られそうですな。。

旅行中に撮って、数日後自宅でレタッチという工程なので、トライ&エラーで色々試すなんてことができなかったので、まだ正解がわからない状況。

この機能はあまり使ってないので、まずこれに適した撮影スポットを探して、これから勉強しないと。。



皿倉山からの夜景

前記事の夕景に続いてトワイライトタイム~夜景まで。

寒さに慣れたかなと思った頃には更に寒くなって体調崩しそうでした。

しかし夜景らしい風景が近づくにつれてその状況を忘れさせてくれるくらいの絶景が広がりました。
P8110546 (1)_7 (1)_8 (1)_tonemapped
日没直後
雲が低い。5分おきに夜景が雲で覆われて見えなくなりました。。

日没直前は雲に覆われて街が全く見えなくなったりもしたけど、ベストなトワイライトタイムはなんとかこの通り
P8111063_4_5_ベーシック


P8110552 (1)_3 (1)_4 (1)_tonemapped
真夏の夜景だけど、この時期にしてはそこそこ空気も澄んでいて、雲も夏らしい個性を産んでなかなか。

P8111087_8_9_ベーシック
広角で

shinさん(@shin307)がシェアした投稿 -



ちょいズーム

P8111069_70_71_ベーシック2
さらにスペースワールド周辺


P8111090_1_2_tonemapped

P8110564 (1)_5 (1)_6 (1)_tonemapped
さらに日が沈み夜景タイムに。
ちょっと霞んでいます。
そしてまた雲が街を覆い始めた。。

荷物になるのでフルサイズの一眼は持っていかなかったけど、まぁ明るいうちに撮れたからそこそこの画像が残せたのでまぁ良いかな。

それよりも問題は三脚。
ミラーレスだからといってそれ用の軽いベルボンのミニ三脚で臨んだら、後からPCでちゃんとした画像を見ると結構ブレブレでした。。
ただ旅行中でさらにこういう山の上まで移動するのに、この三脚の軽さと小ささがトレードオフなわけで非常に悩ましい。

ズームの画像も結局はある程度のズームで撮ったものを更にトリミングで表現したりしてます。
なのでノイジーでちょっと荒々しい。。
家が近ければなぁ。。





成田空港第1ターミナル展望台からの夜景

日が沈み、トワイライトタイムへ。
キレイなので移動する気にもなれずにここに居座ることに。


P7150394_5_6
雲が多くてやはり広範囲には焼けなかった。。
ここは広角で狙うと屋根や柵が映り込むのでやはり標準レンズかズームで撮るのが良さそう。

P7150460_1_2
滑走路の明かりもキレイです。

P7150496_7_8
西側。
トワイライトと飛行機って相性いいっすね。

P7150547_8_9
広角で撮るのも面白いけど何かしらが邪魔するものが写ってしまう。。


P7150586_7_8
展望台の様子
結構広いし、座る場所もあります。

夕景も夜景も、やはり第2ターミナルより、ここ第1ターミナルがおすすめ。

使用機材


記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR