小菅JCT

こちらも荒川系のジャンクション

堀切JCTから徒歩15分といったところ。
堀切JCTのついでに来たのだけど、思いの外、自分的には魅力的なジャンクションでした。


まずは下の道路から。

都会のどまんなかにあるわけではなく、下町と言ってもいいような結構な住宅街にあります。


橋の上から。
ここからもキレイ。



広角で撮ると二つの分岐点を収めることが出来ます。





あまり聞かない場所で期待もしてなかったのですが、いいところです。
ただ周りにホント何もないので何かのついでに来ることは出来ないです・・。

続きを読む

堀切JCT

またまた荒川系ジャンクション、堀切JCT

こちら首都高の分岐点は荒川と並列して流れる綾瀬川の上を走ります。
ちょっと規模も小さく地味な印象。


ただ定番のこのアングルはかっこいいですね。



川の上なので映り込みもキレイ。
風の少ない日ならさらに様子が変わるでしょうね。

続きを読む

ランドマークタワー展望台からの光景をミニチュア化

ここは夜ばかりで昼にはあまり行ってなかったな。

フォトショとチルトシフトスタジオの合わせ技でミニチュア加工してみます。

まずは桜木町駅周辺を

こういう構図の場合、チルトシフトスタジオで彩度とコントラストを調整してボカシはphotoshopelementsで調整してます。

真ん中のビル2つにフォーカスをくっきり合わせた場合を再現するには、チルトシフトスタジオでのアバウトなぼかし範囲選択では不自然になることがあります。

色合いやコントラストの調整はフォトショ使ってません。まずはチルトシフトスタジオで。
そしてフォトショでぼかしを入れる。
ただ、簡単な最終調整はpicasaでやるとか言う手抜きもしてますw


とは言えチルトシフトスタジオの手軽にミニチュア感にする気軽さはやはり捨て難いですね。
コスモワールドの画像。この程度ならチルトシフトスタジオのみで対応しちゃいます。あーでも最後にpicasaで調整してますけどね。

観覧車の上にボカシが入ったりしちゃってますけど、そこまでボカシを調整するのはフォトショでも難しい。

ぱっと見で良ければ良いんですよw

・・ってことにします。。
てか、ミニチュア画像を量産して楽しみたいし。


日中の太陽の光と影の影響で明暗差が激しい場合はphotomatixで露出合成の後、ミニチュア化作業に入ることもあります。
こういうことしなければいけないこと考えると、曇の日のほうがミニチュア化には有利で都合が良いです。

とりあえず、どんな画像でもオートブラケットで3ショット撮影しているので、そんな荒業が出来るわけですね。




曲線が美しいインターコンチネンタルホテル。
これはフォトショ使わずにボカシもチルトシフトスタジオで入れてます。



新しく出来たアニベルセル結婚式場。


おもちゃみたいで新しくミニチュアの素材にピッタリ


いろいろツールは入手しましたがミニチュア化の工程はまだまだ未確立ですね。

続きを読む

江北JCT

久々のジャンクション

ちょっと遠出して江北まで。
西日暮里から舎人ライナーを使って扇大橋まで。そこから徒歩15分。
ここは若干アクセスが悪いです。
まあ車の都合で作られたジャンクション。普通、駅からのアクセス良い訳がないのですが・・

夕景からトワイライトの時間をジャンクションとともに荒川河川敷で。

とても贅沢な時間。
・・と感じるのは自分だけかw
いいんですそれでも。

首都高のジャンクションとして規模は中の上といったところ。
(基準は独断w)




扇大橋のきれいなイルミネーションと相まって、ジャンクションの名所としてそれなりの地位?を得ているはずですし、天気も良かったのですが、やはり撮影している人は誰一人いません。

その辺、メジャーさは有明ジャンクションや箱崎ジャンクションほどではないのかなと。


割りとスケールも大きくカーブやシンメトリーな構成で撮影ができたりと、人気(ひとけ?)の無さの割にはなかなか良いジャンクションだと感じます。



そして、ここの特徴はなんといっても扇大橋のイルミネーションの美しさ。

このイルミネーションはやはりLED。
高速道路を走る車の振動で発電していて、その電気だけで光っているらしいですよ。



おんなじアングルでも撮るポイントや時間帯でちょっとずつ表情が変わります。


道路は密集しているというより、広範囲に広がっているといった感じ。




土手に降りてみる。
土手も広く自由に出入り出来るのですがかなり殺風景です。
それなりの広さがあるので河川敷グランドでもテニスコートでもフットサルコートでも作ればいいのにと、余計なお世話でしょうが、勝手に思ってしまいます。

土手はジョギングや通勤、通学の自転車で利用されている程度でさほど人通りが多いわけではないので撮影は楽です。
暗くて整備されていませんが治安も良さそう。
桜の木もあり、桜の季節に来るのもよかったかな。

荒川のジャンクションはどこも遠いですけど、見所が多く、なかなか味わい深いですね。
使用機材
    



記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392

カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR