菜の花台からの夜景'17

2月初旬の晴れの日。
ここはこのくらいの真冬に来るのは何気にはじめて。
真冬と言え少しガスっていましたが。

前回来たときは昨年のたばこ祭のとき。


DSC_6161
夕景までは雲一つないコンディション。

DSC_6312_3_4_5_tonemapped
沈んでから少し雲が発生。。

DSC_6342_3_4_5_6_tonemapped


DSC_6347_50_51_tonemapped
更に気温が下がれば空気もクッキり
さすがに寒かったけど、なかなかいい時間でした。


使用機材

池袋サンシャイン60展望台からの光景をミニチュア化

そう言えばここはお昼に来たことがなかったのでミニチュア化もしたことなかったっす。

しかし前記事の夜景目的のときに来た時に撮ったものなので、
日が沈む直前のかなり日が傾いた時なので色温度がかなり高くなり調整しても違和感がある色合いに・・

P2020118_TiltShift


P2020105_TiltShift
日が高いうちにココ来たいけど中々機会に恵まれず。。

P2020231_TiltShift
日が沈んだ直後の画像で。



池袋サンシャイン60展望台からのトワイライト~夜景 '17

リニューアルしたということで、今更ですがサンシャイン60展望台に行ってみました。

前回来たのはこの記事、2012年11月。。
もう4年くらい前になるのかー・・

平日の夕方17時前に到着。
なんとかトワイライトに間に合ったかなと思ったら、エレベータで待たされる。。
そして、展望台のあるフロアに登ったあとも、なぜか待たされる。
展望スペースに入る前に部屋に通されます。
そして、微妙なクオリティの 手の込んだ3Dシアターを強制的に鑑賞させられます。
夕景が間に合わない・・。早く、、と思っていたため、シアターの内容は全くアタマに入らない。

シアターは5分弱で完了。

出たのは日が沈む直前。なんとか夕景には間に合った。さっさとここへ通して欲しかった。
P2020054
まぁトワイライトには十分。

この日のカメラはEP-5
最近のお気に入りのカメラ。
こういうスポットだとフルサイズのカメラは持っていかずに敢えてのミラーレスってのが、最近の自分の傾向。
というか車やバイクじゃないとやっぱり一眼は重い。カメラが重たくなるとそれなりの三脚が必要で更に重たくなるので。

とくにこのEP-5は操作性がいい。
PEN-Fはダイヤルが多く操作し易いけど、直感で操作して、直感が外れて、こんな時にこんな動作するの?といった挙動がありますが、このカメラはダイヤルは少なくても、思った通りに動作します。
相性でしょうかね。
ダイヤルは少なくてもモード切替スイッチがあって、スイッチを切り替えれば各種ダイヤルも切り替わる。なので、ダイヤルたくさんあるのと同じことで、不便さは感じません。

P2020071
入ってすぐの場所。
随分と小奇麗になりましたね。

以前のレトロな雰囲気も好きでしたけどね。

トワイライトタイムに突入。大好きな時間帯。
P2020164_5_6_tonemapped
この日は富士山もくっきり。

撮影はレリーズモードに任せてこの時間を堪能。

P2020311_2_3_tonemapped
夜景のお時間
やはりここもガラスへの映り込みは気になります・・。
それはリニューアル前と同じ。
映り込み防止は必須です。

P2020320_1_2_tonemapped
新宿方面もキレイ。
休日だと見れない灯りの数。

P2020329_30_31_tonemapped
この日はなかなかのコンディション。
いつまでも富士山のシルエットが残ります。

P2020351_2_tonemapped
丸の内方面。
5年前と比べてこの方向がもっとも変化が見られるかもしれないっす。

例によっていつもの魚眼で・・
P2020400_1_2_tonemapped

P2020439_40_41_tonemapped
以前からあったほぼ真下を展望できる箇所も健在。


P2020332
中の様子。
以前は暗くてムーディだったのですがリニューアル後は明るくてキレイ。

あと展望できるスペースの通路は明らかに狭くなりました。
以前あったレトロなソファーもなくなっています。
まぁカップルが専有するだけのソファーだったのですが、運良く空いているときは居心地が良かっただけに残念。
結果、座って外を見れる場所がカフェの数席だけとなりました。

その代わりVRを使った最新の娯楽施設などが増えました。あと視覚マジックを使った楽しそうなエリアも数々。

まぁ残念な部分がありますが、リニューアルは時代の流れの中で必然だし、キレイになって成功と言えそうですね。





記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392

カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR