1枚の画像から複数のミニチュア画像

チルトシフトスタジオのいいところは作業画面でズーム(トリミング)が出来るところ。

広角で撮影した一枚の写真があればたくさんのミニチュア画像が作れます。

試しに浜松町の貿易センタービルから撮影した画像を蔵出して色々画像を生成してみました。

ソース画像。
HDRがコテコテすぎとか、窓枠ジャマとか、写り込んでいるじゃんとか、曇ってて暗い・・とかいうツッコミは抜きで・・w
これから行うミニチュア加工でトリミングするんで問題ないっす・・、たぶん。。


でこれをチルトシフトスタジオに食わせます。
まずはこんな感じ。

で、ズームを行います。
ズームを右にドラッグして、拡大させてみます。


あとは画面をドラッグして更にズームしたりして、好きなアングルを見つけ出して、画像出力を繰り返せば、色んなミニチュア画像が出来上がります。

以下、出来上がりの画像です。























高解像度撮影が当たり前になった時代だからこそ出来る加工方法ですね。
似通った画像ばかりですけど・・。もっと変化に富んだ広角写真ならば色んな画像ができるはずです。


トリミングしてからソフトかけてって手順ではトリミングした時点ではプレビューが見れませんからね。
トリミングした画像でミニチュア画像が想像できるればいいんですけど、私はそこまで想像力がないんで、ズームしたプレビューが見れるこのソフトが大好きです。



使用機材
関連記事

tag : チルトシフトスタジオ

コメントの投稿

非公開コメント

記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR