三軒茶屋 キャロットタワーからの光景

コンデジ(RX-100M3)のみを持って、三軒茶屋にあるキャロットタワーに行ってみました。

世田谷で最も高いと言っても26階の展望スペース
この方向の世田谷区、大田区方面は住宅地で低層地域がほとんどなので、高さ以上に見晴らしがよく見応えがありますね。

この日は撮っていませんが、レストラン方向には東京タワーを始めとしたスポットが見れる港区方面が見れます。
そのためにはお食事しないとですね。入ったとしてもレストランスペースで撮影は気が引けて難しそう・・。
コンデジなら行けるかな。


意外と普通の殺風景なスペースです。
奥半分はカフェとなっており、お茶しないとはいれない雰囲気

結構乱雑におかれた椅子に腰掛けて窓際から眺めることになります。


昼間は世田谷線も見れます。


いつものようにミニチュア加工してみた

世田谷線の車両も試してみたけど、既に日が傾いていてうまくいかないので今回はボツ・・。


トワイライトタイム
雲は多いけど丹沢まで見渡せるくらい空気は澄んでいました。


場所を変えたら窓に拭き傷があってこんな感じにw
映り込み防止でレンズを窓にぺったりくっつけて撮影しているので出来損ないのクロスフィルターみたい・・

カフェスペース寄りの窓で撮影したらこうなりますw
昼もここで撮ったけど、明るい内に撮った時はこういうの気づかないもんですね。。



ちょっと場所を変えて撮影


窓が奥まっていて撮影は難しいですが、エレベータ近くの小さな窓から新宿方面も見ることが出来ます。

展望スペースとしては小規模ですが、周りに何もないので品のある素直な夜景を見ることが出来ました。

使用機材

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR