横浜みなとみらいでTHETA

THETA Sが面白くてたまらない。

撮る楽しみだけでなく、持ち帰ってからの画像編集が楽しいです。
スマホアプリTHETA+で撮ったその場や帰りの電車の中で早速画像編集を楽しめる手軽さもいいし。

家に持ち帰ってPCのTHETAアプリケーションで360°グリグリ弄るのもいい。

今回横浜にお出かけした際の画像を色々とアップ。
普通のカメラも持っていたのですが楽しくて気付いたら結局THETAしか使ってないw

まずは到着の馬車道駅
R0010044.JPG - RICOH THETA 20160328 10209.bmp
ワケが分からない・・?

R0010044.JPG - RICOH THETA 20160330 11733.bmp
実際はこんな駅。↑実はこれもTHETAで撮った画像。画像編集ソフトでトリミングっぽいことをやれば普通の広角レンズで撮ったような画像を抜き出すことも可能。


大岡川からの桜木町の風景。
R0010043.JPG - RICOH THETA 20160330 13910.bmp
ホント何も考えずに手持ちで手を伸ばして撮っただけ。
何気ない場所からでも、横浜のような場所なら、大概面白い写真になります。
横浜ランドマークタワーのようなその名の通りランドマークがあれば人目で横浜っぽい画像になるのが良いですね。

暗くなると同時に大さん橋に移動
R0010113_4_5_tonemapped
まずはHDRにしてFlickrに上げた360°画像。

どのように撮ったかというと
index
こんな感じ。
大さん橋のど真ん中の高い場所から、三脚に三脚穴付きの自撮り棒2本を繋げて3m以上の高さから撮ってます。
まぁ高ければ高いほど良いのですけど、しかしここまでやらずとも三脚一つで十分です。もっというと手持ちで手を伸ばしてでもいいっす。
画質にこだわれば三脚など固定するものは欲しい所。

このカメラのいいところでもあり悪いところでもあるのは足元の三脚や自分自身まで写ること。
高くすれば三脚が写るダメージも減ります。

風景写真なのに自分の姿が写るのは嫌なので自分は三脚か一脚が必須です。特に夜景は。
撮るときにちょっと離れれば周囲の光景に馴染みますし、隠れる場所があればベスト。
そうやって撮った画像を何枚か。

R0010106.JPG - RICOH THETA 20160328 10710.bmp
超広角レンズで撮ったような画像。
これなんかは足元が写らないので、さっきの高い場所から撮る方法なんて全く必要が無いっす。
三脚だけで十分。

R0010112.JPG - RICOH THETA 20160328 104442
ちょっと歪ませます。
魚眼のデフォルメみたいだけど、魚眼でもここまで広角なレンズは一眼ではなかなかない。
自分が知るかぎり一番の広角カメラ・レンズは全周魚眼レンズMADOKAの180°捉えるレンズだけどこれは180°以上遥かに超えるほどを捉えています。

234857216_org
それも当たり前で、この通り360°収めた画像が元の素材になっているわけですからね。
この小さな惑星みたいなモード、PCのソフトでもスマホアプリでも作れます。
これがかなり面白いっす。

その惑星見たいな編集の逆のバーション
空を起点にして広角にしてみると。
R0010142.JPG - RICOH THETA 20160328 10300.bmp
コスモワールドの入口で撮影。
またまた面白い。空を起点にすると今度は別次元のような画像に。

かなり広角をおさめていてランドマークやらアニベルセル、観覧車などみなとみらいのランドマークを意識しなくとも多く納めて計算されたかのような画像(?)だけど実際は何も考えていない・・w

コスモワールドのど真ん中に入って同じことをしてみると。
234756522_org
コスモワールドの殆どのアトラクションが入って、夢の中のような世界観に。

R0010129.JPG - RICOH THETA 20160328 10617.bmp
大さん橋出た付近でも。
みなとみらいだとどこで撮っても面白い。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

大さん橋からの360°画像。
こちらをマウスでグリグリやったり「+」や「-」をクリックすれば私が行った編集がなんとなくわかると思います。
触ると分かるけど、めちゃ簡単です。

THETAはランドマーク的な建物が多い場所では特に力を発揮できそう。
またまたいろんな街で撮ってみます。

いやぁ~、、こんな面白いならもっと早く買っておけばよかった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392

カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR