有楽町高架下の怪しい通路-西銀座JRセンター

新橋駅から東京駅までは古くから高架化されていて、その高架下はレンガ作りのため頑丈でその分、古く歴史があり、非常に味があります。

新橋・有楽町周辺の高架下付近はいつまで経っても昭和の雰囲気が残っていますが、見るたびに高架下のお店が少しずつなくなりJRの物置になったりしてつまらなくなって来ています。
自分好みの光景がなくなるのは寂しいものです。
いまのうちたくさん記録として画像は残しておいたほうが良いかもですね。

そんな中ここらで最も自分の好みに合う怪しい通路があるのでそこも散策。

001_2_3
汚くて昭和の風情があります。
駅近くのこういう風景もしばらくは大丈夫でしょうけど、駅からちょっと離れただけで一通りが少なくなり、こうしたお店も立ち退いてしまってます。

157_8_9
有楽町高架下の名所?
古いポスターがいっぱい貼ってある所。
21時過ぎると意外と人がいないです。
有楽町の高架下というと先ほどの通路というよりこの店のような風景を思い浮かべるひとが多いでしょうね。

034_5_6
高架下トンネルの一つ一つにお店があり表情があります。

040_1_2


052_3_4
そんな中、線路沿いを歩いていると気になる入口が。。

ここ以前から気になっていたのですが、JRか何かの施設で関係者以外立ち入り禁止なのかと勝手に思っていました。
近くまで行くと入れるっぽい。

中に入ると。。
064_5_6
なんだここは・・って感じのカッコイイ道が続いています。

055_6_7
すげぇ。。
いやこれはまさにバイオハザードの世界。
誰も居ないので通ってはいけないとこを通っている感覚。

入口付近はお店の関係者がウロウロしていることはあっても一般の人がここまでこの通路の奥まで入り込むことは少ないのかな。

067_8_9

070_1_2
一応2階建て

階段もありましたが、立ち入り禁止のチェーンで区切られています。
おそらく2階にもここと同じような道があるのかと。

073_4_5
しかし長い・・


076_7_8
お店もあります。
現役かどうかは不明。

でも立ち入り禁止ではないことがわかるのでやや安心。

082_3_4
これは道から外に出る通路ですが、お店の裏口もあり、ちゃんとした道ということがさらに分かります。


088_89_90
出口付近。
長いな~


094_5_6
謎の壁画?w


097_8_9
唯一すれ違ったおばちゃん二人組。
一応人通りもあるにはあるようです。
なんでおばちゃんがここを通っていたのかは不明・・

外に出ましたが、その近くを見ると、、
106_7_8
この高架下の隣の路地も普通利用しないような道だけど細くて長くてなかなか味がある。
この写真の左側が線路高架下、要するに先ほどの通路になるわけですけど、窓が2階分あります。
先ほどの通路が2階建てなのが分かります。

109_10_11
まずは戻ります。。

112_3_4

逆方向から見るとまた表情が変わる。
通勤で歩く道が行きと帰りで全く別の道を通っている感覚に陥るのに似ています。

さっきは横道から入ったので、帰りの道はこの通路をまっすぐ。
まだ通ってない箇所を通ってみます。

115_6_7
渋すぎるバーが・・

118_19_20

124_5_6
やっと出口ですが、道路挟んでさらに向こうは明るい路地

ここは通ったことある道。
有楽町産直飲食街。「ぶんか横丁」です。

127_8_9
こちらは健全で元気な路地。


133_4_5

136_7_8
とても明るく活気があります。


139_40_41
と思ったら突如暗くなります。。


142_3_4
そして、さっきの道みたいなまた自分好みの通路に。。


145_6_7
しかしまた出口付近は活気が。

出入口付近の方がお店にとって有利なので中間地点は商業施設が自然淘汰でなくなるのですね。



通路が長い分、記事も長くなりましたが。
この通路が無くても線路沿いの道路が左右2本あるので明らかに不要な通路なのですが、商業施設がほんの少し残っているためか、通路も閉鎖しないのでしょうかね。

この道のことをちゃんと調べました。
「西銀座JRセンター」と言うらしいです。
ここは飽くまで写真サイト(・・のつもり)
ここで私の生半可な知識で詳細を書くわけには行かないので、興味ある方はまとめサイトなどあるので調べてみてください。
2階部分も昔は出入り出来たようです。

この通路もいつかは閉鎖されるでしょう。
こういうの好きな人は今のうちです。

使用機材

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

shin

Author:shin
けっこう写真撮ってます。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR