fc2ブログ

HDRTS -hdr&tiltshift-

主にHDRとミニチュアライクな写真を撮っています。 好物:工場夜景、ジャンクション、路地、廃墟など

Category: 路地  

川崎名画通り商店街の路地

ウェアハウス川崎八丁畷とお散歩した後は昔を懐かしもうと川崎駅周辺をうろつこうかと。
昔と言っても川崎区に住んでいたのはつい3年くらい前なんですけどね。


まずはラ・チッタデッラ。イタリアの街を再現した中規模ながら美しいモールです。
343_4_5_tonemapped
ここもだいぶ前にリニューアルされてからは変わってないですね~
ラゾーナが出来てやや人は少なくなりましたが、川崎で映画を見るならここが一番多かったですね。

徒歩で家に帰る時はここがルートとなり、よく映画を観たりタワレコ行ったりしてましたね。
このブログの昔の記事でもここで撮った画像をいくつかアップしています。

上京したての新卒の頃、川崎という街をよく知らず、当時はチネチッタと呼ばれていたこの地域を歩いて、映画館もデパートも多く物価も安いし、都心も近いで、便利な街だなと単純に感じていました。

まぁそんな田舎もんでも、ちょっとアレっと思わせるのが、ラチッタデッラと直結するこの細い路地。
319And2more_tonemapped
名前は意識してなかったけど名画通り商店街というみたいです。
こいうのとか前記事の八丁畷などが今となっては川崎らしいと言えますね。
この路地も自分の知る10年以上変わらないですね。お店は変わっているのかもしれないですけど手前の看板はずっとこれ。

322_3_4_tonemapped
数秒歩いて路地の出口はこの光景。
2つ前の記事のウェアハウス川崎の九龍城の画像じゃないですよw


331_2_3_tonemapped
こちら側からこの路地をみるとこんな激渋な光景。

310_1_2_tonemapped
さらに駅から離れた方向に歩くと道がやや広くなりこういう光景。
野木商店という渋い看板の店が印象的。
此処から先へ行くとちょっといかがわしい通りに出ます。

一枚目のキレイなモールから徒歩数秒でこういう路地に移動できるわけです。
これが自分の好きな川崎というカオスな街の魅力。


使用機材

関連記事

Newer Entry鶴見線 国道駅の夜'16

Older Entry川崎八丁畷の哀愁の光景

 

Comments
Leave a comment