FC2ブログ

町田仲見世商店街の夜

なかなか遠出できないのでウォーキングがてら近所を散歩
といってもここまでは1時間近く歩いたかな
町田の仲見世商店街
ここも例によって闇市から形成された古き良き昭和の商店街と言った感じだけど、夜も通路として活用されているので意外と明るい
ウォーキングスタイルで軽装で、しかも動画を撮るための装備もしていたので、カメラはマイクロフォーサーズのミラーレスに三脚なし、魚眼レンズのみという変な装備だったため画角が広く明るい場所のみの画像となってしまいました。

P5260174_5_6.jpg

0時くらい。居酒屋はやっているお店もあってもおかしくない時間帯だけど、今は緊急事態宣言中なのでこの通り。

P5260180_1_2.jpg

P5260183_4_5.jpg





P5270210_1_2.jpg

P5270237_8_9.jpg



P5270243_4_5.jpg




PEN E-PL10


小向マーケット(川崎市)の夜

6年ぶりに川崎市幸区の小向マーケットを訪問
といっても19時の夜。

6年前は夕方の明るい時間帯だったので夜の様子を見ることが出来ていないことが心残りではありました。

ちなみに6年前には近くの川崎市下平間 亀甲マーケットを経由してこちらに来たけど、 亀甲マーケットは残念ながら取り壊されて、現在はマンションになってしまったようです。

というか6年前の写真、ブログ記事に書くことをすっかり忘れていることに今更気づきました。。w

なので、、6年前の写真から上げてみる。

こちら↓
031_2_3.jpg
2015年にはこのように万国旗が飾られていて、独特の雰囲気。
当時、お店は2店舗は確実に営業していたようでした。
写真のタイムスタンプから16時位の画像のよう。

205.jpg
ここの時計は朝か夜かわからないけど、ずっと5時50分で止まったまま。

今回、夜訪問時はこちらから。
DSC00097_8_9_tonemapped.jpg
地元住民の生活道路でもあるので明るい。

DSC00100_1_2_tonemapped.jpg
しかし、2021年5月訪問時にあった万国旗がなくなってしまっている。

中で生活音が聞こえるので人は住んでいる。

前回訪問時、営業しているのはお惣菜屋、豆腐屋などの3店舗だったけど、6年ぶりに来たけど、張り紙の内容や中の生活音が聞こえることから、まだ現役っぽくて安心。

周辺にはかつての賑わいの名残のような大きな年季の入った小売店がちらほら。
IMG_6671.jpg


IMG_6673 (1)


IMG_6670.jpg

IMG_6671.jpg

もちろん随分前から営業はしていないと思われます。
これらの建物以外は真新しい一戸建てやマンションなどの住宅街でこのマーケットを含めて歴史に取り残されたような建物がポツリとあり、独特の雰囲気がありました。




この辺りの戦後の歴史を調べると川崎市の歴史の縮図のようでなかなか面白いので興味ある人はググってみて下さい。

GoproMAX購入

IMG_6575.jpg
360°静止画用カメラとしても現役のThetaSもそろそろアップデートしなければと、ついにGoProMaxを購入。

これからは動画にも手を出してみようかと思います。



静止画


早速、長津田検車区で試しに静止画を撮影
1EFBE60E-A156-4078-8C7C-32A9CFDB8D98.jpg
なかなか良いですね。



動画

ついでに動画も撮ってみた。


次は360°動画



360°で夜の映像はやはりちょっときついみたい。でもここまで真っ暗なシーンでの撮影はないだろうから、実用上問題なし。


ちなみにGoproMAXは最大5.6kの画質だけど、テキストを入れたり複数の動画を繋げたりと編集が必要。自分のpowerDirectorでは4.0Kまででないと編集できない。。
なのでこちらは4K画質。しかもVRの4Kは2Dの4Kとは訳が違って、4Kが画像を360°引き伸ばすので実質HD程度の画質になる。


まぁしかし、手ぶれも起きにくい、ボタンが少なく操作が直感的など、とても使い勝手は良さそう。


これからどんどん使いますよ。


つきみの 桜の散歩道の夜桜

4月上旬、年によりますが、ソメイヨシノが葉桜となったこの時期、関東では、八重桜が満開。
コロナになってから始めた夜のウォーキングのコースが桜並木になり、この時ばかりは、ウエストポーチにカメラとミニ三脚を持ってお散歩。

P4070115_6_7_自然な (1)
16号線よりの公園。ここは幹線道路が近く明るい。

P4080153_4_5_自然な
街灯のみのライトアップが自然。


P4080147_8_9_自然な
ただ、境川側から歩くと暫く進むとちょっと緑がかった街灯になってしまう。


P4080141_2_3_ベーシック
この辺りは真っ暗で少ない街灯と僅かな住宅から漏れる明かりのみとなる。
夜桜は街灯から逆光となるので、久々にストロボを炊いてみる。

P4070129_30_31_自然な


P4070112_3_4_自然な
つきみ野駅側の公園
満開でも背が低くてとても品があります。

P4091043_4_5_tonemapped.jpg
56号線を渡ったところにある公園

ここは水道道と言われてこのような散歩道が八王子のあたりまで、ずっと続きますが、八重桜は特につきみ野周辺が一番キレイですね。

こうしてみると八重桜って、ソメイヨシノが定番過ぎて、ちょっと過小評価されていると感じちゃいますね。
ソメイヨシノが咲いたて葉桜になって、切なさを感じる頃、時期をずらしてお花見気分を継続させてくれるように咲いてくれるのもありがたい。


記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

sh1n

Author:sh1n
子育て中につき更新滞り中。
オートブラケットで撮って、PhotomatixでHDR化→トーンマッピング→PicasaやGimpで調整という過程がほとんど。
ミニチュアライズな画像はチルトシフトスタジオを使用しています。古い画像についてはTiltshiftmakerを使っています。

メディア出演:
・2015年 BSプレミアム「列島縦断2800キロ!ニッポン高速道路トラック旅」の東京編にて大黒ふ頭でジャンクションの撮影を行う変な人として出演
・2016年 ズームインサタデイにて関東の渋滞ポイントの紹介で、箱崎ジャンクションで写真を撮る変な人として出演
・2020年 主婦の友社「『自宅オフィス』のととのえ方」に私の部屋が紹介される

フォト蔵:http://photozou.jp/user/top/523392
インスタ:https://www.instagram.com/shin_ichi307/
カメラ:
Nikon D750
Nikon D5200
Nikon D5000
Ricoh GXR
Sony Cyber-Shot DSC-RX100
Sony Cyber-Shot DSC-RX100M3
OLYMPUS PEN-F
OLYMPUS PEN Lite E-PL5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
OLYMPUS AIR A01
PANASONIC LUMIX DSC-GF7

GoProMAX
Insta360 One X2
Ricoh ThetaS

レンズ:
Nikon Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Sigma 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Sigma 17-70mm f/2.8-4.5 Macro DC OS
Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
Ricoh GXR A16 24-85mm
Ricoh GXR A12 28mm
Ricoh GXR S10 28-72mm
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
Samyang 7.5mm f3.5 fish-eye


ソフト:
PhotomatixPro5.0.4
PhotomatixPro4.0.2
チルトシフトスタジオ
tiltshiftmaker
Picasa
PhotoshopElements9
PhotoshopLightroom3.4.1
GIMP2

HDRTSの作者(Sh1n)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Contact
当ブログ作者へのご連絡はこちらからどうぞ
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR